デジタルデータで残すメリット

デジタルデータで写真を残す最大のメリットは保管場所を取らないところです。プリント写真をアルバムに残すとどうしても嵩張ってしまい、保管場所の確保が必要です。しかし、デジタルデータなら小さなCDやメモリーカードなどで大量の写真を保存することができるので少しのスペースでも保管できます。特によく写真を撮る方はコンパクトに収納できるのでおすすめです。 さらにデジタルデータで残る写真は劣化することがありません。プリント写真なら、定期的に掃除しなければカビたり、色が落ちたりして劣化してしまいます。デジタルデータでは劣化することはありません。思い出の写真を当時のままの色味で残したいのであればプリントの写真よりもデジタルデータで写真を残す方がおすすめです。

デジタルデータで残すデメリット

デジタルデータのデメリットは削除されるのが一瞬ということです。デジタルデータの怖いところはボタン一つでデータを消去してしまう可能性があることです。その他にも水没や破損でデータが全て飛んでしまうということも考えられます。データは一度消してしまうと完全に復元するのは困難です。適当に操作していると取り返しのつかないことになってしまうかもしれないので慎重に使いましょう。 また、絶対に保存しておきたい写真は必ずバックアップ用に保存しておき、もしデータが消えてしまっても大丈夫なようにしておきましょう。もちろん少しお金はかかってしまいますが、大切な写真を確実に保存するためにもデータは必ずバックアップしておく必要があります。