アルバムで写真を保管するメリット

デジタル画像が多すぎて思い出が埋もれてしまうことがあります。大切な瞬間を写真にしてアルバムに残しておけば、いつでも思い出を振り返ることが可能です。スマホやパソコンは編集に必要なく、写真店で銀塩プリントを受け取れば、良い画質の写真を残しておくことができるでしょう。写真だけでなく、アルバムにはチケットやコメントなども入れられ、自分だけのオリジナリティの高いアルバムを作成可能です。デジタルデータはたくさんあっても見返すことが少なく、アルバムに残すことでより目に触れる機会が増します。好きな写真だけを選んでアルバム作成ができるので、お気に入りの写真だけを選ぶとよいでしょう。アルバムは保管するタイプと、飾れるタイプがあり、目的に応じて選べます。

UVカットで大切な写真を残す

写真にとって一番害になるのは紫外線です。昔の写真が色褪せてしまっているのは、日焼けや湿気が主な理由で、写真を綺麗に保管するには紫外線を避けることが重要です。紫外線は、直射日光だけでなくテレビや蛍光灯などにも含まれ、物の色を漂白してしまいます。部屋に飾ったり、頻繁に写真を見るためには、UVカットができるアルバムを利用するのが最適。UVカットのフィルムは、蛍光灯や太陽の紫外線から大切な写真を守ります。湿気が多い部屋は、写真の色褪せや劣化につながるので、湿気も避けることが重要です。除湿剤を使うことも有効ですが、UVカットのフィルムを使うことで空気に触れる面が少なくなるため、長期間写真を綺麗な状態で保てます。