湿気は写真の大敵だから注意

写真は思い出を形にして長く楽しんでいくことができるアイテムです。保管する上でアルバムにしまうことが多いでしょう。その際に気を付けたいのが湿気です。写真をプリントするのは紙ですから、水分を吸って変質してしまうことが多く、湿気の多い場所に置いてしまうとカビなどの原因になることもあります。見た目を損なうと写真としての役割を果たさなくなってしまうので注意が必要です。湿気のある場所に置かないことなどをまずは意識しておきましょう。アルバムによっては写真を固定するために糊などが使われていて、それが湿気を呼び写真を傷めることもあります。長期間保管するのであればこうしたものは避けたほうがきれいに保管しやすくなるでしょう。

扱いやすいアルバムを

湿気が出やすい素材を使ったアルバムを利用すると、気が付いたときにはカビや汚れが発生してしまっていることもあります。できるだけ湿気を遮ることができるものを選びたいものです。紙の台紙を使ったものは、湿気を吸いやすく問題が起きやすくなります。透明なビニール素材などでポケット状になっているものなどは写真をきちんと保護しつつ湿気を遮ってくれるので使いやすいでしょう。写真を固定するための接着剤も使われていないので、接着剤で写真を傷める心配も減ります。小型の物から大型のものまでたくさんありますし、必要に応じてページを差し替えることもできるものがあるので、自分の写真生理の形を考えつつ適したものを選んでいきましょう。