機器によっては直接SDカードに書き込める

SDカードに対応したデジタルカメラを使っているなら、わざわざ何かしらの操作をする必要はありません。それは撮影した写真のデジタルデータは、直接SDカードに書き込まれているからです。しかし、スマホで撮影した場合は、端末にSDカードを差し込んでいたとしても本体の記憶スペースに保存されています。もしも、SDカードに残したいときは、スマホの設定画面を開いて撮影した写真の保存場所を変更しましょう。変更の方法はスマホによって異なるため、マニュアルを読んで設定することをおすすめします。紙のマニュアルをなくしたり付属してなかったりした場合は、使っている端末の名称が分かれば、インターネット上でも調べられるのでチェックしてみましょう。

プリントした写真をSDカードに残したいときは

すでにプリントした写真をSDカードに残す方法もあります。パソコンとスキャナがあれば行えるので、写真がたくさんあって、それをデジタルデータとしてSDカードに保存したいならやってみましょう。方法はとても簡単で、まずはスキャナで写真を読み込んでパソコンに保存します。そして、パソコンにSDカードを差し込んで、読み込んだものを移動してあげるだけです。SDカードスロットがついていないときは、カードリーダーという周辺機器があるので利用すれば解決できます。自分でやるのが面倒だと感じる場合は、スキャン作業を行ってくれる業者もあるので利用を考えましょう。多くの業者ではデジタルデータに変換した写真をSDカードに入れて渡してくれます。